ポリ塩化ビニル(PVC)は、現代社会のあらゆる場所で使用されています。 住宅の雨どいから頑丈な工業用パイプまで、日常生活で重要な役割を果たします。

PVCの製造では有機過酸化物開始剤が頻繁に使用され、ヌーリオンは有機過酸化物の世界最大メーカーとしてPVC業界に貢献しています。

To see the video, please accept the media and social cookie. Cookie settings

ヌーリオンのPVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)技術チームは、広範なノウハウを基に、工業的には夢の技術を実現しました。すなわち塩化ビニルの重合反応を完全に制御および最適化するためにCiD(Continuous Initiator Dosing:重合開始剤連続滴下法)を開発し、制御された開始剤の連続滴下を可能にし、 経済、操作、品質、安全性、環境的な面の利点を業界にもたらしました。

PVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)は世界で3番目に多く製造されているプラスチックで、年間生産量は約3,400万トンです。

CiDには、複数の革新技術が組み合わせられています。

  • CiDでの使用に十分な速度を提供する「超高活性」の開始剤、トリゴノックス 187の開発。
  • リアクターの制御システムを刷新し、潜在的な生産能力を活用。
  • バルク処理が可能になるように、トリゴノックス 187を使いやすく安全な水ベースのエマルジョンに調製。
  • 経済的に実現可能な過酸化物製造の開発。
  • 既存のPVC工場にボルトで固定できる制御された開始剤滴下システムの開発、輸送、および、貯蔵。


また、ヌーリオンは、お客様の施設での導入を容易にするために、いくつかのCiDデモユニットを構築しました。 ヌーリオンの専門家は、お客様の運用チームと緊密に協力し、これらのデモユニットを1つまたは複数のリアクターで複数バッチを実行し、CiD導入のデモを実施します。

CiDはすでに世界中の6社のお客様に導入されており、多くの試験が進行中です。 この経験から、CiDテクノロジーを使用すると次のようなメリットが得られることがわかりました。

  • PVCの製造能力が約20〜40%増加し、新しいリアクターを設置する場合と比べて設備投資と時間を大幅に節約できます。
  • 冷却水を冷却塔の水に切り替えることで、エネルギーを節約し、生産性を損なうことなく、CO2排出量を削減できます。
  • PVC製品の品質の向上(PVCの白化、フィッシュアイの減少など)。
  • 暴走反応が少ないため、工場での工程の安全性が向上します(停電の場合など)。
  • 手作業の削減による従業員の安全性の向上。
  • CiDを使用するとPVCリアクターおよびダウンストリームユニットにおける処理がより効率化されるため、工場での製造プロセスが改善されます。

関連する成功事例