弊社では、不飽和ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、(メタ)アクリレート樹脂の硬化用に、幅広い金属およびアミン促進剤を提供しています。

また、ビニルエステル(VE)樹脂の硬化反応の改善やゲル化時間のバラツキを大幅に抑えるなどの利点を提供する複合体ベースの金属促進剤も提供しています。 これらは(メタ)アクリレート樹脂の硬化にも使用でき、過酸化ベンゾイル/アミン硬化システムの代替品となります。 一般的にアミン促進剤は、標準的な熱硬化性樹脂を硬化させるために過酸化ベンゾイルと組み合わせて使用されます。

ヌーリアクトコバルトフリー促進剤

また、コバルトフリーの促進剤は、ヌーリアクトというブランド名で販売されています。 これらの促進剤は、銅および鉄ベースであり、従来のコバルトまたはアミンベースの促進剤に代わってご利用いただけます。 ヌーリアクト促進剤は、反応性が高く、柔軟なプロセスを可能にしながら、製品サイクル時間内で期待される機械的特性を確保し、

特に、ビニルエステル(VE)樹脂の硬化プロセスを改善します。 さらに、不飽和ポリエステル(UP)樹脂、ビニルエステル(VE)樹脂、および(メタ)アクリレート系樹脂の過酸化ベンゾイル/アミン硬化システムの代替としても使用でき、湿潤作業条件下での低温硬化システムに適用できます。

コバルトがECHAとREACH規制で再分類される場合、ヌーリアクト製品群はさらに拡張されます。また、熱硬化性用途でのコバルトの代替品として使用できます。

また、弊社は世界トップクラスの硬化剤メーカーであり、熱硬化性樹脂促進剤および抑制剤も提供しています。 

製品名

化学物質 

CAS登録番号

コバルトフリー促進剤

 

 

ヌーリアクト CF12N

銅錯体

142-71-2

ヌーリアクト CF30

鉄錯体

独自製品

ヌーリアクト CF40

鉄錯体

独自製品

低コバルト促進剤

 

 

促進剤 383S

オクチル酸コバルト

136-52-7

促進剤 553S

オクチル酸コバルト

136-52-7

促進剤 LCC9

オクチル酸コバルト

136-52-7

コバルト促進剤

 

 

促進剤 NL-49P

オクチル酸コバルト 

136-52-7 

促進剤 NL-51P

オクチル酸コバルト 

136-52-7 

促進剤 NL-53

オクチル酸コバルト 

136-52-7 

促進剤 55028

金属混合

2457-01-4; 
136-52-7

アミン促進剤

 

 

促進剤 NL-64-100 

ジエチルアニリン

91-66-7

促進剤 NL-65-100

ジメチル-p-トルイジン

99-97-8

促進剤 NL-67

Ethoxylated-para-toluidine

103671-44-9

プロモーター 

 

 

プロモーター C

アセチルアセトン

123-45-6 

プロモーター D 

N,N-ジエチルアセトアセタミド 

2235-46-3 

詳細およびPDSのダウンロードについては、 「製品検索」 をご覧ください。