ガラス繊維強化プラスチック(GRP)パイプの製造は、いくつかの成形方法で行われています。 まず、ドロストホルム連続フィラメントワインディング法ではマンドレルに樹脂を含浸させたガラス繊維を巻き付け外部から加熱します。 不連続フィラメントワインディング法では、固定されたマンドレルにフィラメントが巻き付けられます。

ヌーリオン硬化剤

弊社では、パイプメーカー向けに、業界標準の硬化剤(ブタノックス®M-50およびブタノックス M-60)からトリゴノックス®279などの特別な過酸化物を提供しています。トリゴノックス®279などを使用すると、残留するスチレンや硬化後の収縮がありません。 さらに、厚いラミネートを製造する際のピーク発熱を低減するトリゴノックス 249VRなどの特殊な硬化システムも提供しています。

ブタノックスM-60からトリゴノックス 279に切り替えて容量を最大30%増加 

主な最終製品

淡水化プラントおよび水輸送(飲料水および廃水)用パイプだけでなく、化学産業用パイプの製造にも使用されています。化学産業用のパイプではパイプ内壁の耐薬品性が重要になります。