ポリマーコンクリートは、ポリエステル樹脂(約10%)と粒子サイズの石英フィラーをベースにしたコンパクトミックス(90%)から成形される高充填製品です。 最終製品のほとんどは、建築および建設業界で使用されます。

製造プロセス

製造プロセスは主に注形で、特殊なミキサを使用して、ポリエステル樹脂に石英粉末、砂、または炭酸カルシウム粒子を均一に練り混ぜます。 多くの場合、真空プロセスを介して最終製品から空気を脱気することが可能です。

次に、型枠内に流し込み、振動台の上に少し置いて、空気を放出し、圧縮します。

硬化は、迅速に行う必要があります。 ほとんどの場合、製品は発熱ピークの直前に離型され、その後、製造ラインで完全に硬化されます。

ヌーリオン硬化剤

ブタノックス®M-50などのメチルエチルケトンパーオキサイド(MEKP)、または、トリゴノックス®44Bなどのアセチルアセトンパーオキサイド(AAP)に基づく硬化システムを使用すると、周囲温度で硬化できます。 多くの場合、これら2つの硬化システムを組み合わせると、両方の最適な特性を活用できます。 また、アクセラレーター 553Sなどの特別な促進剤やプロモーターを使用すると、生産性を高めることができます。

主な製品

ポリマーコンクリートは、下水道溝、ドアステップ、壁とファサードのパネル、窓枠などの多くの用途で使用されています。