ヌーリオンは、熱可塑性プラスチックを架橋するための世界最大規模の有機過酸化物(架橋(PEX-a、XLPE)ポリエチレンパイプ、チューブ、回転成形品、膨張性PEおよびEVAおよび配電ケーブルの製造用の多数の高温架橋過酸化物など)を取り揃えています。

有機過酸化物により架橋された熱可塑性樹脂は、低温での低柔軟性、高温耐久性、化学強度、UV安定性、環境応力割れの低減など、優れた二次特性を提供します。

XLPE配電ケーブル

弊社の高純度の配電ケーブル用熱可塑性樹脂架橋用の有機過酸化物は、最終製品の誘電特性が向上します。 また、高純度で導電性に優れたカーボンブラックも提供しています。これは、導電率と機械的特性の最適なバランスを提供するために、配電ケーブルの半導体層に比較的少量適用されます。

また、弊社はトリゴノックス®Tのリーディングサプライヤでもあります。トリゴノックス®Tは、架橋性配電ケーブルの製造用の直接添加(DPI)する液体過酸化物で、既成の化合物に比べてコスト効率の高い代替品であり、最終製品の柔軟性と制御性を向上させます。

私たちは、専門の添加機器サプライヤーと緊密に連携して、この技術を簡単に実装できるよう支援し、必要な技術的および安全性のサポートを提供します。 配電ケーブル製造用の既成の化合物をカスタマイズされた化合物に切り替える方法をご紹介いたします。ぜひ、お問い合わせください。

PEX-aパイプとチューブ

ヌーリオンは、エラストマーと熱可塑性樹脂の架橋用に幅広い有機過酸化物を提供しています。これには、PEX-aパイプおよびチューブの製造用の多くの有機過酸化物が含まれます。 弊社製品は、トリゴノックスというブランド名で販売されています。

ポリエチレン(PE)パイプおよびチューブの製造では、高密度ポリエチレン(HDPE)が最もよく使用されています。 高密度ポリエチレンのポリマーマトリックスを架橋させると特性が向上されたPEX-aと呼ばれる材料になります。 架橋反応により、ポリエチレン高分子は化学的に結合して三次元ネットワークを形成します。

ヌーリオンでは、トリゴノックス B、トリゴノックス 145-E85、トリゴノックス 301およびトリゴノックス 311など、PEX-aパイプおよびチューブの架橋用にさまざまな有機過酸化物を提供しています。 お客様のニーズに合った製品を見つけるために、いつでもお問い合わせください。

関連製品